プロ野球統一球問題

プロ野球開幕から数日で、ボールに関して問題が起きました。

反発係数が規定より高かったみたいですね。

それではまず、硬式ボールの構造です。

a0212997_12002143.jpg


次にミズノさんの硬式ボールの説明です。

a0212997_12005587.jpg
a0212997_12012194.jpg




更にローリングスのMLB公認球製造過程を動画で。

How It's Made Baseballs    

 (http://youtu.be/mfPuRoStEdw





お分かりになりましたでしょうか?

硬式球は、ほぼ天然の素材で作られています。

その為、ゴルフボールなんかと違い、素材の均一化が難しいとされています。

下記に今回の経緯を記しましたが、

管理を含め、こりゃ大変です。






「ミズノ原因中間報告」

硬式球は、ゴム芯、毛糸、ポリエステル糸、錦糸、牛表革、錦縫糸で出来ている。材料については、すべて昨年までのものと変わらず異常はなかったが、唯一、毛糸(ウール)の含水率だけが低下していた。大きさと重量を基準値に合わせるために、乾燥して軽くなった毛糸をきつく、量を多く巻くことで調整することになり結果的にボールが硬くなった。含水率が、1パーセント低くなると1メートル多く毛糸を使用することになるという。ボールの硬さは、反発係数に影響を与える。ウール糸をきつく巻き、量が増えたことで硬くなったボールは、重量と大きさはクリアしたが、肝心の反発係数の基準値をオーバーする違反球となった。

 ボールは、ミズノの中国・上海工業で製造されていて、材料である毛糸は、冬場には乾燥するため、安定室において管理されている。だが、夜になると加湿器を止めるなど24時間安定した管理はできておらず、含水率が、社内の基準値を下回るものを使うことになってしまった。




今回は、どうやら意図的な要素はなかったみたいですし、

大量在庫のボールも継続して使われるみたいなので、

球団、選手納得の上でやるしかないですね。

今期はホームランが多く見れそうです・・・(笑)


追加

2001年のですがミズノさんの製造工程の動画もみつけました。

「ミズノ硬式ボールができるまで」

ミズノインダストリー阿山は硬式ボール専門の工場です。





[PR]
by junkei5589 | 2014-04-17 12:22 | 野球用具